スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu14.04のデスクトップ共有(VNC)にMacOSXから接続する


Ubuntuの「デスクトップの共有機能(VNC)」を利用してMacOSXからリモートアクセスが失敗するお話


Ubuntuには標準で「デスクトップ`の共有(Desktop Shareing)」(実質VNC)という機能がインストールされており、簡単に他のPCからリモートで画面操作を行う事ができます。Windowsで言うところのRemoteDesktopに似たような機能です。
タイトルそのものですが、最近使っているMacBookからVNCの機能を利用してUbuntuの画面を操作していたのですが、Ubuntu14.04に変更した際にうまく接続できなくなったのでネットを調べてみました。
根本原因はともかく、回避方法が見つかったのでメモ。


● 環境
 ・リモート操作される側
  Ubuntu 14.04 デスクトップ
  デスクトップの共有(Vino3.8.1_0ubuntu1)

 ・リモート操作する側
  MacBook (10.9.4)




1.Ubuntuのデスクトップの共有設定(知っている人はすっ飛ばしてください)

 ・ダッシュから「デスクトップの共有」選択してを開くと、設定画面が表示されるので以下のように設定。
  ※お好みに合わせて設定してください。

desktopshare-01.png

 「他のユーザが自分のデスクトップを表示できる」にチェック
 「他のユーザがデスクトップを操作できる」にチェック
 「このマシンへの接続を毎回確認する」のチェックを外す
  ※これをしないと、毎回Ubuntu側で接続の許可が必要となる。
 「パスワードの入力を要求する」にチェックして、パスワードを入力
 

これで完了。


2.接続確認
 Ubuntuなら標準で入っている「Remmina」を使うのが便利。
 ・ダッシュからRemminaを起動
desktopshare-02.png

 ・接続先の設定
  ※メニュー左から二つ目のアイコン。
  必要なサーバ設定を入れて、接続を押す。
desktopshare-03.png

パスワードを入力して接続できる。
ここまでは問題ない。


ここからが本題。
MacBookからの接続は今まで単純に「⌘(コマンド)+k」で開いた「サーバへ接続ウィンドウ」のサーバアドレスに
「vnc://192.168.0.1」
のように入れて接続を押すだけでよかったのだが、これがダメだった。

”XXXXXXX”に接続できませんでした。
接続しようとしているコンピュータで画面共有(”システム環境設定”の"共有”セクションにあります)が有効になっていることを確認してください。
またネットワーク接続が適切に動作している事も確認してください。


と表示され、接続できない。
で、調べた結果とりあえずの回避方法がわかったので設定。
Ubuntu側で設定が必要になります。

3.dconf Editorのインストール
Ubuntuソフトウェアセンターから"dconf Editor"を検索してインストール。

4.dconfEditerの起動・パラメータの設定
dconfEditorを起動し、開いた画面の左のツリーで以下の順に選択する。

org > gnome > desktop > remote-access

で、remote-accessを選択したときに右側に表示される"require-encryption"のチェックを外す。
desktopshare-04.png


dconfEditorを閉じる。


完了。

これで再度接続確認行うと、うまくいきました。



という訳で、どうやら接続時に暗号化を求めるがMac側でそれに対応していないのが原因のようですね。
この回避方法が良いかはともかく、インターネットで使うのは危ないかも。VPN上でやるべきですかね。
(VNCポートなんぞインターネット向けに空けないとは思うが・・・。)



スポンサーサイト

Ubuntu14.04(デスクトップ)で日本語環境の設定


Ubuntu14.04がリリースされて結構たちますが、あまり触れてなかったです。
家の環境(12.04)をアップデートしようかな?と思って何回かインストールしてみたのですが、毎回日本語環境の設定に困って検索していたのでいったんまとめる。
(日本語版使えばこんな悩みは無いはず。)


●環境
 Ubuntu14.04 デスクトップ 英語版 64bit
 US配列キーボード
 Fcitx-mozc

●目標
 インストールした英語版のUbuntu14.04で日本語を使えるようにする。
 今までは、iBus-Mozcを利用していたがお試しでFcitxというのを使ってみる。




1.Fcitxのインストール
何はともあれ、必要パッケージをインストールする。
ターミナルを開いて以下のコマンドを入力。
sudo apt-get install fcitx-mozc


2.Fcitx Configurationの設定
・ダッシュからFcitx Configurationを起動します。画面のようなウィンドウが現れるので下の[+]をクリックする。
※日本語配列のキーボードの場合表示が多少異なるはずですが気にしないでください。
fcitx-1.png

・OnlyShowCurrentLanguageのチェックを外して、Mozc(Japanese)を探し選択してOKをクリックして追加する。
fcitx-2.png

・元の画面に戻りMozcが追加されていればOK。
fcitx-3.png

・次に、SystemSettingsを開き「Language Support」を開く。(Unityダッシュから検索してもOK)
fcitx-4.png

・一番最初は、下記画面が出るのでInstallを押して次に進む。
fcitx-5.png

・下記画面が現れたら、Lnanguage for menus and windows のウィンドウをスクロールすると日本語が見つかるのでこれをドラッグして一番上に持ってくる。
※見つからない場合は、下の”Install/Remove Languages…"を選択して日本語をインストールする
※ドラッグがうまくいかないときは、一回ウィンドウを開き直すとうまくいった。
fcitx-6.png

こんな感じ。
fcitx-7.png




ここまでくれば、後はいったんログアウトor再起動する。

初回ログイン時に、ディレクトリ名をどうするか聞かれるので選択する。
fcitx-8.png

私は、日本語名になるとターミナルからコマンド入力時にめんどくさいので英語のままにする。


これで完了!!!
さすがにもう覚えたかな。。。

Ubuntu + gnome-shell でワークスペース毎に壁紙を変える

Ubuntu(Gnome-shell)でワークスペースごとに壁紙を変えてみたい!


Linuxで便利なワークスペース機能。Windowsでも実現するソフトはありますがこの機能すごく便利ですよね。Macも標準で持っていますね。
それで、Macを利用していて気づいたのですがワークスペース毎に壁紙変えられるんですね。で、この機能Ubuntuでも実現できないかと思って調べて見たところ、ありました!
同じ考えの人いるんですね(笑)


Wallpopoz
というソフトです。これはGnome-shellに対応しているみたいです。
※ちなみにUnityを利用している人は別の方法があるようです。


-簡単に行う方法-
 こちらのブログの管理人の方がUbuntu向けのパッケージを作成してくれています。
 http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1328275970
 これを活用させて頂きます。
 ありがとうございますm(_ _)m


- 環境 -
 Ubuntu 12.04
 Gnome-shell 3.4.1
 
 ※利用している画像はすべてUbuntu12.04のものです。MACではありません。



1.インストール

 ・レポジトリを追加します
  sudo add-apt-repository ppa:ikoinoba/ppa

 ・パッケージ情報を更新して、インストールします
  sudo apt-get update
  sudo apt-get install wallpapoz


 これで完了です。


2.起動・設定

 アプリケーションから「wallpopoz」を検索して起動。
 起動すると下記のような画面が出ます。
 ※Workspace1の矢印を展開した状態です
 Wallpapoz_1.png


 右クリックをするとメニューが現れるので、ここで各ワークスペースに対して設定を行います。
  ・壁紙の変更
  ・壁紙の追加、壁紙フォルダの追加 → ランダム表示の際に
 など。。感覚でわかるとはおもいますが。
 Wallpapoz_2.png


 

 ワークスペースごとに変更するためには設定ボタンから
 「ワークスペースを移動する時壁紙を変更する」にチェックを入れる必要があります。
 設定画面_4



私は、ワークスペース1を固定、2以降をディレクトリ指定の1時間毎での変更を追加設定しました。


以上で設定は完了です。
「保存ボタン」を押してから、「再起動」ボタンをクリックすれば設定が反映されます。なお、自動起動は自動で設定されていました。





制限
・ログイン後に何かのウィンドウがデスクトップに表示されないといけないようです


気づいた点

・ワークスペース移動後に壁紙が表示(変わる)まで若干のタイムラグがあります。
・アクティビティボタンを押した際に、右側にワークスペースが表示されますが、ここはすべて
同じ物が表示されます。
(なので良い画面キャプチャが取れない・・・)

この二点が改善されるとすごくいいですね♪
自分で作れって?そうですねぇ。。。(トオイメ)


良い点
・Gnome-shellはデフォルトで動的にワークスペースが追加されます。
 ここの設定に関しては、一度Gnome-tweak-toolsでワークスペースの個数を固定にしてから
 wallpopozの設定画面を開くと、固定にした数のワークスペースが表示されるのでここで
 各ワークスペースの設定を入れてあげます。
 その後ワークスペースの個数を自動設定に戻してあげても動的に開いたワークスペースに
 適用されます。(ワークスペース名を変えるとどうなるかは知りません(笑))
 私は開いても6個くらいと想定し、6個の設定を行いまいした。
Wallpapoz_3.png




UbuntuでWiresharkを一般ユーザで使う

タイトルそのものです
Wireshakを一般ユーザ権限で実行・キャプチャできるようにしました。

- 環境 -
 Ubuntu 12.04
 Wireshark1.6.7 (Ubuntuソフトウェアセンターからインストール)

 ※画像はすべて Ubuntu12.04の画面です。




UbuntuでWiresharkを一般ユーザで起動するとエラーが出ます。
キャプチャをはじめるにもインタフェースが表示されないのでできません。
Wireshark-一般


で、terminalから「sudo wireshark」として起動すると
きみ、root権限で動かしてるけどリスク理解してる?
Wireshark-root2.png

と聞かれた挙句

Wireshark-root.png
というエラーが出ます(笑)
ちなみに、無視して進むとキャプチャできますが。


なにか気持ち悪いので調べてみると、やはり解決方法はあるようで。
こちらのサイトにお世話になりました。
単純に一般ユーザでも利用するだけなら、

$ sudo setcap 'CAP_NET_RAW+eip CAP_NET_ADMIN+eip' /usr/bin/dumpcap


これを実行すれば良いようです。
上記サイトには、より詳しく書かれてます。

先人の知恵に感謝。




今さらながらUbuntuでGoogleDriveをつかう

デバイス間のファイル共有を便利に行いたい!


自宅、職場、スマホ、タブレットなど使うデバイスが増えてきて各デバイス間で同じファイルを参照したいことは増えてきていますし、そういうクラウドサービスがたくさんありますね。
DropBox、GoogleDrive、SkyDrive、UbuntuOne・・・
大人の事情で、年賀状作成をWindows,Mac,Linuxをまたいで行なったり、実家のPCでファイルをいじったりす際にファイルのやり取りがめんどくさくなったのでPC間のファイル共有を便利にしてみた。

Ubuntuをメインに使っているので、UbuntuOneを利用するという手ももちろんあるがもともとGoogleDriveを利用していたのだけど、ローカルファイルのアップロードがWebインタフェースだと手間なので特に考えることなくGoogleDriveを同期する方法を選択(笑)

あまり考えずにやったけど、調べてみたらUbuntuOneはマルチデバイス対応でWin,Mac,Linux,Android,iOSと対応しているのでこっちのがいいかもね。ちなみに、どちらも5Gまで無料で、Webサービスとしても利用可能なので、ソフトのインストールなしに利用できます。どこのPCからも。
便利に使うには、クライアントソフト入れたほうが同期、Upload等が楽なのですがGoogleDriveはクライアントソフトがあまり充実してない。





とにかく今回はGoogleでやります(ました)。
Ubuntu(Linux)向けのクライアントアプリの正式なものは現在無いようです。
で調べると「Insync」というのがありました。これを利用します。


- 環境 -
 Ubuntu12.04 with gnome-shell
 Insync Beta Ubuntu 0.9.35




1.ソフトのダウンロード

 https://www.insynchq.com/
 にいって、「Download Insync」をクリックしてダウンロードします。


2.ソフトのインストール
 ダウンロードしたファイルは*.debとなっているので、ファイルマネージャ等で開いてダブルクリック。
 Ubuntuソフトウェアセンターが自動起動されるので、インストールボタンを押してインストールします。


3.起動
  インストールが完了したら、アプリの一覧からInsyncを探しクリックして起動します。
  するとブラウザが開き、Googleのページに飛びます。
  このInsyncというソフトからアカウントにアクセスすることを許可する承認です。
  OKを押すと、InsyncでこのホストをこのGoogleアカウントと同期するかどうかを聞いてきます。
signupInsync

  
  OKを押すと、フォルダの利用状況と、このアカウントに同期している端末の情報が右側に現れます。
capInsync


これで完了です。


ファイルマネージャで、自分のホームディレクトリを見るとInsyncというディレクトリが作成されています。
ここに、GoogleDriveのファイルが自動で同期されます。
homeFolder
※注:画面はUbuntu12.04のNautilusです(笑)

また、Googleアカウントにこのソフトがアクセスすることになると思います。その状況はGoogleアカウントのセキュリティから
「アプリケーションとサイトを認証する」で確認することができます。
googleAcount1
googleAcount2


やめるときはここを消せばアカウントにアクセスすることができなくなります。(ハズ・・・)
パケット見ていると、最初はGoogleのサーバじゃないようなので認証をInsyncのサーバを経由するのかな?
アプリから直接Googleに行けばいいと思うのだけど、もしかしてサービスを勘違いしているのかも。。


とにかく、ファイル同期がらくになりました♪
閲覧だけなら、Web経由が手軽でいいんですけどね。
しかしGoogle様がサービスやめたらかなり辛いほど依存してますね(^ ^;)




プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。