スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UbuntuでWiresharkを一般ユーザで使う

タイトルそのものです
Wireshakを一般ユーザ権限で実行・キャプチャできるようにしました。

- 環境 -
 Ubuntu 12.04
 Wireshark1.6.7 (Ubuntuソフトウェアセンターからインストール)

 ※画像はすべて Ubuntu12.04の画面です。




UbuntuでWiresharkを一般ユーザで起動するとエラーが出ます。
キャプチャをはじめるにもインタフェースが表示されないのでできません。
Wireshark-一般


で、terminalから「sudo wireshark」として起動すると
きみ、root権限で動かしてるけどリスク理解してる?
Wireshark-root2.png

と聞かれた挙句

Wireshark-root.png
というエラーが出ます(笑)
ちなみに、無視して進むとキャプチャできますが。


なにか気持ち悪いので調べてみると、やはり解決方法はあるようで。
こちらのサイトにお世話になりました。
単純に一般ユーザでも利用するだけなら、

$ sudo setcap 'CAP_NET_RAW+eip CAP_NET_ADMIN+eip' /usr/bin/dumpcap


これを実行すれば良いようです。
上記サイトには、より詳しく書かれてます。

先人の知恵に感謝。




スポンサーサイト

今さらながらUbuntuでGoogleDriveをつかう

デバイス間のファイル共有を便利に行いたい!


自宅、職場、スマホ、タブレットなど使うデバイスが増えてきて各デバイス間で同じファイルを参照したいことは増えてきていますし、そういうクラウドサービスがたくさんありますね。
DropBox、GoogleDrive、SkyDrive、UbuntuOne・・・
大人の事情で、年賀状作成をWindows,Mac,Linuxをまたいで行なったり、実家のPCでファイルをいじったりす際にファイルのやり取りがめんどくさくなったのでPC間のファイル共有を便利にしてみた。

Ubuntuをメインに使っているので、UbuntuOneを利用するという手ももちろんあるがもともとGoogleDriveを利用していたのだけど、ローカルファイルのアップロードがWebインタフェースだと手間なので特に考えることなくGoogleDriveを同期する方法を選択(笑)

あまり考えずにやったけど、調べてみたらUbuntuOneはマルチデバイス対応でWin,Mac,Linux,Android,iOSと対応しているのでこっちのがいいかもね。ちなみに、どちらも5Gまで無料で、Webサービスとしても利用可能なので、ソフトのインストールなしに利用できます。どこのPCからも。
便利に使うには、クライアントソフト入れたほうが同期、Upload等が楽なのですがGoogleDriveはクライアントソフトがあまり充実してない。





とにかく今回はGoogleでやります(ました)。
Ubuntu(Linux)向けのクライアントアプリの正式なものは現在無いようです。
で調べると「Insync」というのがありました。これを利用します。


- 環境 -
 Ubuntu12.04 with gnome-shell
 Insync Beta Ubuntu 0.9.35




1.ソフトのダウンロード

 https://www.insynchq.com/
 にいって、「Download Insync」をクリックしてダウンロードします。


2.ソフトのインストール
 ダウンロードしたファイルは*.debとなっているので、ファイルマネージャ等で開いてダブルクリック。
 Ubuntuソフトウェアセンターが自動起動されるので、インストールボタンを押してインストールします。


3.起動
  インストールが完了したら、アプリの一覧からInsyncを探しクリックして起動します。
  するとブラウザが開き、Googleのページに飛びます。
  このInsyncというソフトからアカウントにアクセスすることを許可する承認です。
  OKを押すと、InsyncでこのホストをこのGoogleアカウントと同期するかどうかを聞いてきます。
signupInsync

  
  OKを押すと、フォルダの利用状況と、このアカウントに同期している端末の情報が右側に現れます。
capInsync


これで完了です。


ファイルマネージャで、自分のホームディレクトリを見るとInsyncというディレクトリが作成されています。
ここに、GoogleDriveのファイルが自動で同期されます。
homeFolder
※注:画面はUbuntu12.04のNautilusです(笑)

また、Googleアカウントにこのソフトがアクセスすることになると思います。その状況はGoogleアカウントのセキュリティから
「アプリケーションとサイトを認証する」で確認することができます。
googleAcount1
googleAcount2


やめるときはここを消せばアカウントにアクセスすることができなくなります。(ハズ・・・)
パケット見ていると、最初はGoogleのサーバじゃないようなので認証をInsyncのサーバを経由するのかな?
アプリから直接Googleに行けばいいと思うのだけど、もしかしてサービスを勘違いしているのかも。。


とにかく、ファイル同期がらくになりました♪
閲覧だけなら、Web経由が手軽でいいんですけどね。
しかしGoogle様がサービスやめたらかなり辛いほど依存してますね(^ ^;)




プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。