スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntuを赤外線リモコンで操る

赤外線リモコンでUbuntuを遠隔操作してみましたのでメモしておきます。


※前置きが長いので、結論を見たい人は下の方まで飛んでください。



少し前から、将来構成に向けてXBMCを入れて試してみています。
XBMCで検索すればたくさんヒットするので詳細は割愛しますが、要はHTPC(ホームシアターPC)を実現するためのソフトウェアとの事です。HTPCとは大雑把に言うと、リビングのTVに写したPC画面をソファーで見られるように文字・アイコンの大きさ等含め作りこまれたPC、のようなイメージです。もともとはXBOX用に開発されたものらしいですが、現在はいろいろなOSで動くようになっています。いろいろなスキンなどをいじることができて、動きもカッコイイです。これがまたフリーというのが、もう開発者の人には頭が上がらないです。

リビングPCで何でもやってみたい私。
少し前に、USB-DACを接続して現状スピーカーからの音声でDVD視聴やHDD内の音楽、ネットラジオやYoutube再生等を聞くことができます。
ちなみに、音楽を真剣に聞きたい人は「MPD」なるものもあるらしいです。Linuxを利用して高音質な音楽を再生しちゃおう!という試みらしいです。興味がある人は検索してみてください。私は今のことろ手を出していないです。

で、音楽を聞いていて困るのがいちいちマウスやキーボードでコントロールするのは面倒臭い!という事です。もっと家電のように使いたい。
そんな人のために、XBMCはiOSやAndroid用の公式/サードパーティ製のリモコンアプリがあるので自宅で無線LAN環境があればなんとリモートコントロールできてしまいます。素晴らしいです!
ところが・・・、便利この上ないのですが場合によっては物足りないケースがあります。
最もそれを感じたのは
「ボリュームを下げたい、上げたい」や「あ、ちょっとミュートにしたい!」
などという時。得てしてこういう時はスピーディーに行いたいのですが

●リモコン
 リモコンを取る → ボリューム(ミュート)ボタンを押す

●アプリ
 iPhoneを取る → ホームボタンを押す → パスワードロックを解除 → アプリを起動 → ボリュームボタンを押す
 
と、アクションがちょっと多いので、時間がかかる・・・。
ましてや、アプリが他の画面なら画面遷移や、接続されていない状況ならサーバ接続、リモコン画面の表示などが必要になるケースもありスピーディさにかけます。何度も言いますが、便利なんですけどね。無線なので、方向関係ない、他の部屋からもコントロールできるなどのメリットもあります。
上記デメリットに加えて、家に転がっているiPodTouch(1G)にはアプリが入らないため私がいない場合は利用できないという点も加味して、じゃリモコンみたいなもので操作できないの?って思い立ったのがきっかけです。



前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

そんなわけで、ネットを調べていて見つけたのがこれです。
ビット・トレード・ワンの「USB赤外線リモコンKIT」
http://bit-trade-one.co.jp/BTOpicture/Products/005-RS/index.html

コントロールする目的であれば、BlueTooth対応のリモコンや、受信機等があったのですがこれを選んだ理由は

 ・ 様々な赤外線リモコンのレシーバとして利用できる(各種メーカー)
 ・ 受信だけででなく送信もできるので、PCから家電を操作することも可能
  ※現状、エアコンのコントロールは無理のようです
 
という2つの機能を持っている点が気に入りました。
なんと言っても、各種リモコンに対応しているので現在のTVとCATVにリモコンを追加することなく可能!!(→実は誤算がありました。後述)
おまけに、自作キットがあってハンダ付けが楽しめちゃう!久々にハンダづけしてみたかったので、迷わず自作キットを選択♪


作成(ハンダ付け、ケース作成)

製作過程を撮り忘れましたが、出来上がりはこんな感じ。
後ろはちょっと下手だったので写真は見せられません(^ ^; はんだづけ自信あったんだけどなぁ。。
説明書は写真入りで、はんだづけ経験者なら30分程度で簡単に出来ると思います。ちょっとminiUSBのポートのはんだづけがすごく小さく、間隔が近いです。実は1か所ショートしてないか微妙だったのですが手元にルーペがなく、壊れるの覚悟で接続したら大丈夫でした。セーフ(笑)

完成写真
受信機基盤



で、同じく説明書の手順に従って、フリスクのケースを加工して入れてみます。

受信機1

受信機2




設定

次に、ソフトウェア的な設定です。
リモコンから送信されるコードを覚えさせる操作が必要です。このツールはWindows用しか提供されていないのでUbuntu上のVirtualBox上にあるWinXPを起動し、ツール(REMOCON_CT_RECV)をインストール!
エラーが出ました。。。。
受信ツールインストールエラー


どうやら、.NetFramework3.5が必要なようです。4.0ではダメでした。DLリンクの横に書いてくれれば良いのに(ボソッ) まぁ、Win7使えというか、WinXPだとしても.NetFrameworkが入ってないやつなんかいねーよ!ってことですかね。ですよねー、多分。。
どうしてもWindowsが必要なときの逃げのためだけなので普段使わないし(笑)



起動したらこんな画面になります。
設定画面


登録はすごく簡単で特に引っかかるところは無いので、公式のマニュアルを見てください。

基本的には 
 ① 登録したいボタン番号をクリック
 ② 左の「受信開始」ボタンをクリックして、信号待ち状態にする
 ③ リモコンの割り当てたいボタンを押す。→コードが表示される
 ④ 左のメニューから割り当てたい操作を選択する。  
   ・マウス操作(左クリック、右クリック ・・・etc)
   ・ボリュームコントロール(ボリュームアップ/ダウン、ミュート)
   ・キーボード操作(Ctrl、Alt、Winキーなどとの組み合わせ可)
 ⑤ 「設定」ボタンをクリック。
以上を繰り返します。



Ubuntuに接続
設定が完了したこのUSB受信機(フリスク)をおもむろにUbuntu12.04に接続します。


dmesgコマンドを実行すると
$ dmesg | tail -n 10
[ 56.686501] UDF-fs: INFO Mounting volume '24C402_V', timestamp 2012/11/24 13:23 (121c)
[ 1588.856066] usb 6-2: USB disconnect, device number 2
[ 1593.236033] usb 6-2: new full-speed USB device number 3 using uhci_hcd
[ 1593.435535] input: Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON as /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb6/6-2/6-2:1.0/input/input14
[ 1593.435760] generic-usb 0003:22EA:001E.0009: input,hidraw1: USB HID v1.11 Mouse [Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON] on usb-0000:00:1d.0-2/input0
[ 1593.439168] input: Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON as /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb6/6-2/6-2:1.1/input/input15
[ 1593.439300] generic-usb 0003:22EA:001E.000A: input,hidraw2: USB HID v1.11 Device [Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON] on usb-0000:00:1d.0-2/input1
[ 1593.442528] input: Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON as /devices/pci0000:00/0000:00:1d.0/usb6/6-2/6-2:1.2/input/input16
[ 1593.442614] generic-usb 0003:22EA:001E.000B: input,hidraw3: USB HID v1.11 Keyboard [Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON] on usb-0000:00:1d.0-2/input2
[ 1593.446202] generic-usb 0003:22EA:001E.000C: hiddev0,hidraw4: USB HID v1.11 Device [Bit Trade One LTD. USB IR REMOCON] on usb-0000:00:1d.0-2/input3

のように表示されます。
問題なく認識されました。


使ってみる

早速使ってみます。
Winキーやら、ボリュームキーをを割り当てたリモコンのボタン押してみると特にLinuxだからという事はなくすんなりと動いてくれました。
なので、受信利用としてはWindowsでリモコンのコードを設定してあげて、Ubuntuに接続してあげればそのまま利用できます。

快適です!!





続きを読む

スポンサーサイト

Nagiosのバージョンアップ

Nagiosをバージョンアップしてみる


以前インストールしたときは3.4.1だったNagios-Coreがいつの間にやら3.4.4になっていた。
脆弱性が発見されたよという連絡を受けたのがきっかけで必要にかられてバージョンアップを行ったのでメモ。


3.x→3.xへのバージョンアップは非常に簡単。
公式の手順書をそのとおりやればアップデート完了。
参考:公式手順
一応日本語化しているのでそのへんを再度実施する。


-環境-
 Ubuntu12.04 Server
 NagiosCore 3.4.1(バージョンアップ前)
 NagiosCore 3.4.4(バージョンアップ後)





1.ファイルのダウンロード
まずはファイルをダウンロードします。
$wget http://sourceforge.net/projects/nagios/files/nagios-3.x/nagios-3.4.4/nagios-3.4.4.tar.gz


2.解凍・日本語パッチ適用

ファイルを解凍します。
$tar xvf nagios-3.4.4.tar.gz


以前と同じ日本語パッチ(ももーいさん作成)をダウンロードし、解凍したnagiosフォルダにコピーします。
※手順は以前と同じ
※気づきませんでしたが3.4.3バージョンがupされてましたので活用させて頂きます。
 ありがとうございます。m(_ _)m
$cp nagios-jp-3.4.3.patch.gz ./nagios
$cd ./nagios
$gzip -dc nagios-jp-3.4.3.patch.gz | patch -p1



3.インストール
これまた前回(※./html/Makefile.inの編集のあたり)と同じく、パッチを当てた場合うまく行かない箇所があるので一部をコメントアウトします。
インストールを行ったあと、取りこぼしのファイルを手動でコピーします。
$sudo ./configure --with-command-group=nagcmd
$sudo make all
$sudo make install
$sudo cp -p ./html/includes/rss/{AUTHORS,INSTALL,TROUBLESHOOTING,CHANGES,NEWS,cookbook,ChangeLog,README} /usr/local/nagios/share/includes/rss/
$sudo chown nagios:nagios /usr/local/nagios/share/includes/rss/*



これで完了です。
念の為、"$ sudo service apache2 restart"でWebサービスを再起動してアクセスするとNagiosのトップページのバージョンが変わっていることがわかります。



気づいた点では、検索した時に表示件数が複数ページに渡った際に、ページ遷移がうまく行かなかったのが正しくなりました。地味に嬉しいです。





Nagiosでインタフェース監視

Nagiosで監視対象ノードのインタフェースLink状態を監視する


以前しれっとNagiosプラグインをインストールします。
なんて書いたけど、それだけではうまく行かないところに関していまさらながら補足。



check_ifstatusプラグインを利用すると、対象ノードのインタフェースのステータスを簡単に監視することができます。check_snmpで対象ノードのMIBを取得しても同じことができますが、より簡単にせって出来ます。
ただ、このプラグインは追加でNet-SNMPが必要となるため、そのままではエラーが出てしまいます。

ちなみに、NagiosプラグインをDLして解凍するとその中に「REQUIREMENTS」というファイルができるのですが,
そこにプラグインを追加するために必要となるモジュール/ソフトなどの条件が記載されています。

- 環境 -
 Ubuntu 12.04 Server
 Nagios 3.4.1
 NagiosPlugins 1.4.16
 NetSNMP 6.0.1





1.Net-SNMPをダウンロード・解凍
$wget http://cpan.perl.org/modules/by-authors/id/D/DT/DTOWN/Net-SNMP-v6.0.1.tar.gz
$tar xvf Net-SNMP-v6.0.1.tar.gz



2.Net−SNMPのインストール

Net-SNMPを解凍したディレクトリに移動します。
$cd Net-SNMP-v6.0.1

インストールを行います。
$sudo perl Makefile.PL
$sudo make test
$sudo make install


これで完了です。


check_ifstatusの利用方法は
/usr/local/nagios/libexec/check_ifstatus --help
と実行すると表示されます。


●設定例
具体的な例として次の例の設定の場合次のようになります。

 インタフェース監視対象
  ホスト名:SW-1
  コミュニティ名:public
  非監視インタフェース(のifindex):10111,10112

 ※ホスト設定、generic-service設定は省略。


command.cfg
define command{
command_name check_ifstatus
command_line $USER1$/check_ifstatus -H $HOSTADDRESS$ -C $ARG1$ -u $ARG2$
}

※ -C:コミュニティ名
  -u : 監視対象外のインタフェース(ifindex)


ホストまたはサービス設定ファイル
define service{
use generic-service
host_name SW-1
service_description Check I/F Link Status
check_command check_ifstatus!Public!10111,10112
notes_url /nagiosgraph/cgi-bin/show.cgi?host=$HOSTNAME$&service=$SERVICEDESC$
}



notes_urlに記載しているのは、nagiosgraphに保存したこのインタフェースのLink状態取得結果のグラフにLinkを
貼る目的です。必須ではありません。




●補足

スイッチのインタフェースを表す番号:ifindexを調べるためにはいくつか方法があります。
例えばCiscoスイッチなら
"show snmp mib ifmib ifindex"コマンドで調べることができます。
#show snmp mib ifmib ifindex 
GigabitEthernet0/41: Ifindex = 10141
GigabitEthernet0/14: Ifindex = 10114
GigabitEthernet0/43: Ifindex = 10143
GigabitEthernet0/16: Ifindex = 10116
GigabitEthernet0/34: Ifindex = 10134
(略)



その他、snmpwalkコマンドを使う
$snmpwalk -v 2c -c public 192.168.0.100  1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.1 = STRING: "Vl1"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.898 = STRING: "Vl898"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.2100 = STRING: "Vl2100"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10101 = STRING: "Gi0/1"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10102 = STRING: "Gi0/2"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10103 = STRING: "Gi0/3"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10104 = STRING: "Gi0/4"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10105 = STRING: "Gi0/5"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10106 = STRING: "Gi0/6"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10107 = STRING: "Gi0/7"
iso.3.6.1.2.1.31.1.1.1.1.10108 = STRING: "Gi0/8"
(略)


あとは、対象機器のMIBを調べるなどですかね。

OIDがわからなければ強引な方法として
"$snmpwalk -v 2c -c public 192.168.0.100 . | grep Gigabit"
のように全OIDを検索して、Grepでそれっぽいキーワードを探し出すなどもありかもです。

Ubuntu + gnome-shell でワークスペース毎に壁紙を変える

Ubuntu(Gnome-shell)でワークスペースごとに壁紙を変えてみたい!


Linuxで便利なワークスペース機能。Windowsでも実現するソフトはありますがこの機能すごく便利ですよね。Macも標準で持っていますね。
それで、Macを利用していて気づいたのですがワークスペース毎に壁紙変えられるんですね。で、この機能Ubuntuでも実現できないかと思って調べて見たところ、ありました!
同じ考えの人いるんですね(笑)


Wallpopoz
というソフトです。これはGnome-shellに対応しているみたいです。
※ちなみにUnityを利用している人は別の方法があるようです。


-簡単に行う方法-
 こちらのブログの管理人の方がUbuntu向けのパッケージを作成してくれています。
 http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1328275970
 これを活用させて頂きます。
 ありがとうございますm(_ _)m


- 環境 -
 Ubuntu 12.04
 Gnome-shell 3.4.1
 
 ※利用している画像はすべてUbuntu12.04のものです。MACではありません。



1.インストール

 ・レポジトリを追加します
  sudo add-apt-repository ppa:ikoinoba/ppa

 ・パッケージ情報を更新して、インストールします
  sudo apt-get update
  sudo apt-get install wallpapoz


 これで完了です。


2.起動・設定

 アプリケーションから「wallpopoz」を検索して起動。
 起動すると下記のような画面が出ます。
 ※Workspace1の矢印を展開した状態です
 Wallpapoz_1.png


 右クリックをするとメニューが現れるので、ここで各ワークスペースに対して設定を行います。
  ・壁紙の変更
  ・壁紙の追加、壁紙フォルダの追加 → ランダム表示の際に
 など。。感覚でわかるとはおもいますが。
 Wallpapoz_2.png


 

 ワークスペースごとに変更するためには設定ボタンから
 「ワークスペースを移動する時壁紙を変更する」にチェックを入れる必要があります。
 設定画面_4



私は、ワークスペース1を固定、2以降をディレクトリ指定の1時間毎での変更を追加設定しました。


以上で設定は完了です。
「保存ボタン」を押してから、「再起動」ボタンをクリックすれば設定が反映されます。なお、自動起動は自動で設定されていました。





制限
・ログイン後に何かのウィンドウがデスクトップに表示されないといけないようです


気づいた点

・ワークスペース移動後に壁紙が表示(変わる)まで若干のタイムラグがあります。
・アクティビティボタンを押した際に、右側にワークスペースが表示されますが、ここはすべて
同じ物が表示されます。
(なので良い画面キャプチャが取れない・・・)

この二点が改善されるとすごくいいですね♪
自分で作れって?そうですねぇ。。。(トオイメ)


良い点
・Gnome-shellはデフォルトで動的にワークスペースが追加されます。
 ここの設定に関しては、一度Gnome-tweak-toolsでワークスペースの個数を固定にしてから
 wallpopozの設定画面を開くと、固定にした数のワークスペースが表示されるのでここで
 各ワークスペースの設定を入れてあげます。
 その後ワークスペースの個数を自動設定に戻してあげても動的に開いたワークスペースに
 適用されます。(ワークスペース名を変えるとどうなるかは知りません(笑))
 私は開いても6個くらいと想定し、6個の設定を行いまいした。
Wallpapoz_3.png




プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。