スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teratermマクロで文字コードを自動的に変える

仕事で各サーバにSSHする際に、フリーソフトの「TeraTerm」を利用している。

UbuntuにSSHする際は、文字コードが「UTF-8」になっているのだが、利用しているFreeBSD等は「EUC-JP」で設定されておりログイン後にサーバに応じていちいちメニューから変更する必要があり、めんどくさい。

 ●文字コードの変更
  「設定 > 端末」 の設定画面で 「漢字-受信」と「漢字-送信」でEUCを選択


ちなみに、最近のTeraTermは「LogMeTT」というソフトが付いておりタスクトレイに常駐できる。
これに、各サーバのログインマクロを設定(パスワードは暗号化してます)して自動ログインまでさせているので、要はマクロを利用してサーバごとに文字コードを変えられないか?と思って調べてみた。


まず、TeraTermのマクロのヘルプで見ると

 "callmenu"(Ver4.56以降)

というコマンドで可能らしい。
で、早速マクロのログインした後に以下のコマンドを追記。

 callmenu 54011 ; [KanjiCode] Recv: EUC-JP
 callmenu 54111 ; [KanjiCode] Send: EUC-JP



で、マクロを実行。

できた!!
これで少し楽になる。

 ※ちなみに、これを実施するためにはTeraTermのインストール時に「TTX Kanji Menu」というプラグインを選択してインストールしている必要がある
   試してみた所入っていなかったようなので、VersionUPを兼ねて再インストールの際に追加した。




ちょっと調べていたらこんなマクロを組んでる人を見つけました。
http://www.j-oosk.com/teraterm/macro/217/

Unix系OSに入るときに、「echo $LANG」コマンドを実行しその表示結果を持って自動的に文字コードを選択するというもの。
なるほど!こんなこともできるみたいです。
(今回は省略)



スポンサーサイト

テーマ : フリーソフト
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。