スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Catalyst4900Mで1Gインタフェースをつかう

Catalyst4908MにWS-X4908-10G-RJ45を搭載して1Gigaとして利用する


Catalyst4908Mはオンボードでは10G(X2)インタフェースしか持っていないので、1G接続しようとするとモジュールなりを追加しなければだめです。
今回は、8ポートの10/1Gモジュール(WS-X4908-10G-RJ45)利用。
1G設定で少し戸惑ったのでメモ。



インタフェースの状態を見ると、搭載時はすべてのポートが10Gインタフェースとして認識されています。
で、1Gの機器を接続してもリンクしません。

※showコマンドの表示。(インデントがつぶれてます)

Switch#show int status
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
Te1/1 notconnect 1 full 10G No Gbic
Te1/2 notconnect 1 full 10G No Gbic
Te1/3 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/4 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/5 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/6 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/7 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/8 notconnect 1 full 10G No X2
Te2/1 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/2 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/3 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/4 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/5 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/6 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/7 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/8 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Gi2/9 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/10 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/11 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/12 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/13 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/14 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/15 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/16 inactive 1 full 1000 1000BaseT



このインタフェースを1Gで利用するためには、グローバルコンフィグモードで

Switch(config)#hw-module module 2 port-group 1 select gigabitethernet

と入力します。すると

Switch#show interfaces status
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
Te1/1 notconnect 1 full 10G No Gbic
Te1/2 notconnect 1 full 10G No Gbic
Te1/3 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/4 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/5 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/6 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/7 notconnect 1 full 10G No X2
Te1/8 notconnect 1 full 10G No X2
Te2/1 inactive 1 full auto 10GBaseT
Te2/2 inactive 1 full auto 10GBaseT
Te2/3 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/4 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/5 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/6 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/7 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Te2/8 notconnect 1 full auto 10GBaseT
Gi2/9 notconnect 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/10 notconnect 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/11 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/12 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/13 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/14 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/15 inactive 1 full 1000 1000BaseT
Gi2/16 inactive 1 full 1000 1000BaseT


のようになります。
モジュール番号2に搭載されているのですが、10Gと1Gは排他利用の様だけどインタフェースにはTe2/1(10G)と、Gi2/9(Giga)の両方表示されている。利用できないI/Fは”inactive”となっているのでどちらの設定かは判断できる。
初期状態では、このモジュールはすべて10G動作となっておりGigaインタフェースはすべてinactive。
先ほどのコマンドを入れるとTe2/1、Te2/2がinactiveになって、Gi2/9、Gi2/10がnotconnectになってる。

コマンドのパラメータで"port-group"を指定しますが、このモジュールの場合2ポートづつがグループになっているらしい。
つまりグループの1を指定すると、ポート1(Te2/1,Gi2/9)と2(Te2/2,Gi2/10)が対象になる。
ちなみに、Gigaの設定をすると前面のLEDが点灯します。(消灯=10G)



注意!!
 Catalyst4900MシリーズのCatalyst4908Mのオンボードインタフェース(X2)にTwinGigモジュールは使えません。
 http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat3750e/prodlit/tgig_ds.html

 OneXモジュールはSFP+専用なので、SFPモジュールは使えません。
 http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/modules/ps5455/data_sheet_c78-547521.html





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Catalyst4900Mで1Gインタフェースをつかう】

Catalyst4908MにWS-X4908-10G-RJ45を搭載して1Gigaとして利用するCatalyst4908Mはオンボードでは10G(X2)インタフェースしか持っていないので、1G接続しようとするとモジュールなりを追加しなけ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。