スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB-DACを使って音楽を聞いてみる

UbuntuでUSB-DACを使って音楽再生


リビングPC(Ubuntu12.04)にDigiFi No7号付録のUSB−DAC付デジタルパワーアンプを使ってみました。

このブログの目的の一つ、リビングPCに関していくつか考えていることがあるのですがその内の一つで外付けのスピーカーで音楽を聞く、というのがありました。PCオーディをを調べると行き着くDACという存在を初めて知ったのですが、どれも高くて私のお小遣いではなんともなりません。無い袖は振れません。
PCオーディオは奥が深いようで、USBケーブルでウン万円とか当たり前の世界のようです。ちょっと手が出せそうもありません・・・。

少し前にネットで調べていた時に、今年の1月頃に発売された「Stereo」の付録のアンプがすこぶる良いという話題がたくさんあったのですが、知った時にはすでに売り切れで手に入れられず悔しい思いをしました。
が、今回「DigiFi No7号」にアンプ機能内蔵のDACが付録につくという事でこれならお小遣いの範囲で何とか実現できるんじゃないか??という気持ちでポチりました。入門者にとっつきやく、嬉しいです。
詳しくは
http://www.stereosound.co.jp/review/article/2012/06/04/10354.html


長らく発売を待ち焦がれていたのですが、先日ついに届きました!!
(ちなみに、その後このDAC用にHiVi9月号もポチッてました。奥さんに突っ込まれると怖い。)
付録狙いで安価に構築しようという考え。(^ ^;


で、早速Ubuntu12.04に接続。
接続するだけで認識してくれました。

実は届く前に、DACでもWindows,MacOS対応と書かれているのは結構あるのですがLinuxというキーワードはあまり見かけなかったのでちょっと心配してました。この付録の開発元のOrasonicさんのUSBスピーカーをLinuxで利用したという記事をネットで見かけたのでその可能性に賭けました(笑)
なので、同様の利用方法を検討している人のためにも改めて、

「接続するだけで自動で認識してくれます。そう、Ubuntuならね!」

他のLinuxは試してないですが、まぁ頑張れば何とかできるってことでしょうね、きっと。


接続後「システム設定 > サウンド」を開くとこんな感じで認識されています。

サウンド設定

Ubuntuくん初心者の私に優しくしてくれてありがとう。
これで実現に一歩近づいたよ。


肝心の音に関する話ですが付録でシステムを構築しようとすることからも容易に想像できるとおり、大したスピーカーを持っていないのと何よりもそんなにいい耳と音楽を持っていないので、そのあたりの評価は他のブログを訪ねてください(爆笑)
一つ言うとすると、いいスピーカーで聞いてみたいです!
ちなみに、Linuxで認識できるならもう一個買おうかな!と思ったらもう売り切れでした。
まだ発売から数日なのに orz


Linuxのオーディオ関連の知識とかもう少し調べたほうがいいかな。
これを使ってどういうシステムになったかは、いずれまた書きますです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。