スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Remminaでリモートデスクトップ接続ができない

RemminaでRDPアクセスができない!

Remminaというリモートデスクトップクライアントがあります。
RDPやVNC、SSHなど多彩な接続が可能なGUIクライアントで、Windowsのリモートデスクトップ接続に利用可能です。
利用は特に難しくありません。

あるとき、Ubuntuのリモートデスクトップクライアント(Remmina)からWindowsサーバ等へRDPでの接続が出来なくなっている事に気が付きました。
過去に設定済みで、問題なく使えるところまでは確認済みです。
普段は利用しないけど、利用できないままだと困るのでちょっと調べて見ました。


環境
 ・RDPクライアント
  Ubuntu12.04LTS
  Remmina 0.9.99.1

 ・RDPサーバ
  Windows2008 Server




現象
・過去に設定した一覧から、対象サーバを選んで接続ボタンを押すとすぐさま「RDPサーバ x.x.x.x に接続できません」というエラーが表示されて接続できない。
remmina-error.png


・テスト的に、その他のサーバに接続すると問題なく行く。

・その他のクライアントから当該サーバへは問題なくRDPでの接続が可能。

・当該サーバのFirewallなどの設定は問題なく、nmapで当該サーバのポートを調べると

$ nmap サーバIP -p 3389

Starting Nmap 5.21 ( http://nmap.org ) at 2013-08-06 11:24 JST
Nmap scan report for サーバ名 (サーバIP)
Host is up (0.0050s latency).
PORT STATE SERVICE
3389/tcp open ms-term-serv


となっており、問題なくポートも開いており到達可能のように見える。

・Wiresharkでパケットをキャプチャすると、クライアント(Ubuntu)側がセッションを切断しているように見える。


という事で、過去に接続したことのあるサーバで現象起きているのでは?と推測して、ならばその情報を消してやればうまく行くかもと考えました。
接続がうまく行く時は証明書の受け入れ画面が出てきますので、この情報を一旦消してやればいいのでは?という推測で、ネットを調べて見ました。
(※証明書の受け入れを聞かれるかどうかは、Windows側の設定にもよります。)


参考にしたサイト
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/remmina/+bug/944040


で、上記サイトを見ていて過去に接続したことのあるリストが
~/.freerdp/known_hosts
なるものの存在を知りました。

早速そのファイルをリネームして再度接続を試す。


mv ~/.freerdp/known_hosts ~/.freerdp/known_hosts.backup 


で、Remminaから接続。
証明書の受け入れの画面が表示され「OK」を選択すると、再度接続できるようになりました!!
解決してよかった。



known_hostsを見てみると、IPアドレスとフィンガープリントと思われる一覧の記載が
ありました。変更のタイミングは不明ですが、再度接続した時のフィンガープリントの値
とは異なっていたのでできなかったのだと思います。

$less ~/.freerdp/known_hosts
サーバIPアドレス (略):9b:99:7c

今回のフィンガープリント
fingerprint.png

下6桁くらいで異なっていることがわかりますね。


ちなみに、参考にしたサイトにはこれはバグで新しいバージョンでは直っているようなことが書いて有りますね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。