スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenMediaVaultでタダでNASを作っちゃおう! -はじめに-

NASが簡単に構築できるオープンソースソフト “OpenMediaVault” を便利に使おう!


※この記事は順次アップデートしていきます。

細かい手順などは別の記事にリンク予定です。
各関連記事へのリンクは、ページ下のメニューからどうぞ。




NASってなに?

ここに来られた方は、NASがどういうものかはある程度ご存知の方が多い思いますが、全然知らないで来た人のためにすごく簡単に説明します。

NAS (Network Attached Storage)とは英語の通り"ネットワークに接続された記憶装置"という事になります。
現在でも多くのPCがそうであるように、パソコンで使う多くのデータは今までパソコン内のHDD(ハードディスク)に保存したり、USBなどのを利用して接続する外付けのHDDなどに保存するのが手軽でした(またはCDやDVDに保存するなど)。それらのデータはそのパソコン自体で見るには楽ですが、他のパソコンから見るには共有フォルダの設定をしたり、そのデータのあるパソコンの電源を入れておかなければなりませんでした。
じゃ、もっと第三者的な場所にデータをおいて好きなときに、どの端末からでも見られるようにしたら便利じゃない!?というのがNASです。
また、最近はスマートフォンや液晶テレビやその他多くのデバイスがネットワークに接続され家庭内のデータと連携できるような製品が発売されています。これらも含めて同じデータを見られれば便利ですし、データをまとめておいた方が管理が楽です。(考え方次第ですが・・・)

最近のメーカ製のNASは、データを保存するだけでなく様々な機能が付加されています。
RAID機能による高信頼性、DHCP機能の搭載によるメディアデータの配信、DAAP機能によるiTunesサーバ機能、自宅の外からでもデータを見られる機能、スマートフォンとの連携機能や関連アプリなど様々な機能があります。お金を出してメーカーが販売しているNASを購入すれば、これらの機能を手軽に利用する事ができます。

しかし、高いです!便利・高機能なものほど高価なのは世の常です…。外付けUSB-HDDなんかと比べると全然高いです。





OpenMediaVaultってなに?

公式サイト

便利なNASの機能の多くはLinuxなどで頑張れば実現できるんだと思います。(このブログのメインのテーマでもあるはずです(笑))
自分の好きなLinuxをいれて、各機能を実現していくのもまた楽しいかもしれません。ただ、実現する事自体に楽しみを見いだすような人はともかく、そんな時間をかけるくらいであれば製品を買った方がいいや!という意見も最もです。
そこで”OpenMediaVault”です!
OpenMediaVaultはLinuxの一種で、多くのNASの機能を簡単に提供できるソフトウェア(OS+NAS機能)です。
Linuxはちょっと・・・という人でも多くの場面では特にその存在を気にする事なく、簡単にその機能を利用する事ができます。開発者の方々に感謝です。
必要なものは、パソコンとデータを保存するハードディスだけです。比較的低スペックのパソコンでも動作しますのでWindowXPのサポートが切れて利用できなくなった一昔のパソコン、ノートパソコンをNASとして復活させてみる事ができます。あと、インタフェースは日本語です!これだけでも初心者にはありがたいですよね!
そして、それらの資産を生かせばもしかすると0円でNASを作る事ができます。(誇張表現)





これで何ができるの?

じゃ、これを使って何ができるのでしょう?思いつく所では

・NASにデータをまとめて、共有できる
・Windows,Mac,Linxu,スマートフォンなどからデータを活用できる
・HDDを冗長化(RAID)してデータ損失に備える
・一カ所にまとめたデータをバックアップする

などでしょうか。その他思いついた・試した事は追加していきますね!




で、始めるには何がいるの?

必要なものとしては
 ① NASとして利用可能なPC
   必要最低限のスペック
    http://wiki.openmediavault.org/index.php?title=Installation
    ・i486 または amd64 対応のCPU (詳しくは、http://ja.wikipedia.org/wiki/X64)
    ・1GByte以上のRAM
    ・2GByte以上のHDD (OSインストール用)
    ・好きなデータサイズのHDD :1個以上(データ保存用)
    ・DVD読み込み装置(今回の手順では)

 ② 書き込み可能な、DVDやCDのメディア:1枚
 ③ LANネットワーク
  (本手順ではDHCPサーバから自動でIPが割り当てられる環境を想定しています。
   家庭用のブロードバンドルータなどでは通常このようになっていると思います。

 ④ データを利用するクライアント(Windows,Mac,Linx,スマートフォンなど)






もし、興味を持たれた場合で手軽に試せる環境(いらなくなったWindowsXPパソコンがある)などの場合試してみてはいかがでしょう??
という事で、本来このページはニッチでマニアックな情報を取り扱っている訳ですが(いや、本当はそんなつもりではないのだが。。。)この”OpenMediaVault”、手軽で便利なNASなのですがLinuxベースのせいか?結構上級者向けのページが多くなかなか日本語の簡単な情報が見つかりませんでしたので、紹介もかねて試した情報などをできる限り丁寧に記事にしていこうと思っています。なので、まずは基本的な使い方から記事にしていきます。違うパラメータを細かく変えたりした場合などは、時間があれば・・・という感じです。
もし興味があれば参考になれば幸いです。

ちなみに、ここまで書いてなんですが自宅ではSynologyというメーカーのNAS製品を利用しています(爆笑)。が、職場で複数のPCを利用しておりどのPCからもデータを閲覧・編集したいために”OpenMediaVault”を活用しています。





メニュー

  1. インストール編

  2. 初期設定

  3. データ用HDD認識と利用準備

  4. WindowsからNASにアクセス

  5. MAC OSXからNASにアクセス

  6. Linux(Ubuntu)からNASにアクセス

  7. 万が一に備えてデータのバックアップをする

  8. OpenMediaVaultのPCが起動しなくなったよ?データは救えるの?

  9. HDDをRAID化して信頼性向上しよう(RAID1)

  10. RAIDのディスクが壊れた!(RAID1)

  11. RaspberryPiを利用して省電力化?





今回の一連のテスト環境

ハードウェア
・NAS用PC (転がっていた古いPCを流用)

CPU : Inter Core2 Duo P8600 (2.4GHz,2Core)
メモリ:4GByte
DVDドライブ
内蔵HDD : 300GByte


※ちなみに本番環境では「Core2-T7200(2GHz,2Core)、メモリ1Gbyte」のPCで運用してたりします。

・USB外付けHDD

データ保存用 : 160Gbyte ×2台



ネットワーク

サブネット:192.168.1.0/24
ゲートウェイ、DNS : 192.168.1.1
NAS-IPアドレス : 192.168.1.100





あと、重要な事を一つ!(免責事項)

本ブログで紹介する事を試して、データを失ったとしても一切責任を負えませんので、あらかじめご理解・ご了承ください。
データ、特に二度と手に入らないデータはとっても大切だと個人的には思っています。
紹介するデータは試した上で書いていますが、バックアップは必ずとってから行ってください。

また、上の紹介で「Linuxを知らなくても」と書きましたが本当に困ったときにはLinuxの知識があると助かるのも事実です。その場合でも、Googleで上手に検索できれば解決の手段は割と見つかりますので、ここで分らない事は頑張って調べてください。
※って書くからみんな、「なら、おとなしく買うかって」なるんだろうな(笑)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。