スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenMediaVaultでタダでNASを作っちゃおう! -初期設定編-

関連記事へはこちらから


前回までで、インストールが終わりましたのでOpenMediaVaultの初期設定を行います。


●インストール環境等●

 テストを行った環境および、今回設定するアドレス等はこちらを参照



なにはともあれまずは、管理画面にログインします。
前回作成したOpenMediaVaultの管理画面にWebブラウザでアクセスしログインします。
初期ID / Password : admin / openmediavault
※過去のバージョンはこの段階で日本語を選べませんでした。今回もアップデートまでは英語でいきます。

initial-2.png



1. OpenMediaVaultを最新化します。

左側のメニューツリーから、[System > UpdateManager](日本語では、[システム > アップデートマネージャー])を選択します。
右側に、アップデート可能なパッケージの情報一覧が表示されます。(されない場合は、最新状態になっています。)
念のため、”Check(チェック)”を押して最新化します。
次に、すべてを選択し、”Install(インストール)”を押して更新パッケージをインストールします。
(一番上のチェックボックスで、一括チェックする事ができます。)

initial-4_update-2.png


新規画面が現れてインストールの進捗が表示されます。
画面に"終了…”と表示されれば終わりです。
閉じるを押してください。再読み込みを促されますので再読み込みをします。


英語のまま進めていて日本語にしたい場合は、ここでいったんログアウトして、ログイン画面で日本語を選んで再度ログインしてください。以後、説明の画面は日本語になります。

※1 大規模なアップデートの場合があるので、一度再起動する事をお勧めします。
※2 右上の言語選択で日本語を選択できますがここで選択するとエラーが発生する事がたまにありました。なので、私はいったんログアウトしてログイン時に選択するようにしています。それでも出るときもありますが・・・。エラーが出ても利用は可能です。





2. 管理パスワードの変更

初期状態のパスワードは大変危険なので、管理パスワードの変更を行います。
左側のメニューツリーから、[システム > 一般設定](System > General Settings)を選択します。
右側の画面に2つのタブが表示されるので、[Web管理者パスワード](Web Administrator Password)を選択します。
PasswordとConfirm passwordに新しいパスワードを入力し、”保存”(Save)を選択します。

initial-6_password.png



なお、システムに変更がかかる場合以下のような表示が現れますので右側の”適用”を選択してください。以後同様ですが本表示は省略します。

Notices.png

これでパスワードが変更されました。次回ログインから適用されます。




3. 時刻設定

システムの時刻設定を行います。問題発生時のログを調べるときや、ファイルのタイムスタンプに影響するので時刻は正確の方がよいです。
今回は、ネットワークで自動で時刻を同期してくれるNTPを利用します。

左側のメニューツリーから、[システム > 日付&時刻] (System > Date & Time)を選択します。
右側の画面中程の”NTPサーバを使用する”にチェックを入れて、”保存”を選択します。
なお、現在の時刻が大幅に狂っている場合(古いPCだとマザーボードの電池切れ等)は、いったん手動で近い値に合わせてからNTPのチェックを行ってください。

initial-7_ntp.png





4. ネットワークの設定

NASは一種のサーバで各PCなどのクライアントからアクセスしますので、再起動等でIPアドレスがかわると何かと不便ですから、IPを固定にします。これによって、いつでも同じIPアドレスでアクセスできます。
自分のネットワーク(自宅のLAN)で、サーバに利用できるIPを事前に決めておきます。
ブロードバンドルータでDHCPが払い出さない範囲のものにするのが望ましいです。
今回は事前に決めたアドレスを使います。

左側のメニューツリーから、[システム > ネットワーク] (System > Network)を選択します。
右側の画面の[インタフェース] (Interface)タブを選択します。

現在認識されているインタフェース”eth0”というのが表示され、DHCPで取得しているアドレスが表示されています。
この”eth0”を選択して、上の”編集(Edit)”を押します。

initial-8_network2-1.png


新しい画面が開きますので、以下の値を選択・入力し、保存を押します。
IPv4エリア
メソッド : スタティック
アドレス :192.168.1.100
ネットマスク:255.255.255.0
ゲートウェイ:192.168.1.1

initial-8_network2-2.png


次に、右側の画面の[DNSサーバ] (DNS Server)タブを選択します。
表示される画面のプライマリ、セカンダリにそれぞれご自身のネットワーク環境に合わせたDNSサーバの設定を行います。
ブロードバンドルータの場合多くは、ルータがDNSサーバになります。
今回は、"192.168.1.1"を入力し”保存”を選択します。

initial-8_network3.png





5. メール送信設定

NASで異常やアップデートがあった場合や、その他の通知をメールで行えるようにします。
今回は、手持ちのGmailアカウントを利用してそのGmailアドレスにメールを飛ばす設定を行ってみます。
※Gmailは2段階認証を設定していないものです。2段階認証設定済みの場合アプリケーション用のパスワードを発行する必要があると思われます。詳しくはGmailの2段階認証の説明を読んでください。


左側のメニューツリーから、[システム > 通知] (System > Notification)を選択します。
右側の画面で、各種値を入力・選択します。


  • 一般設定

  • 有効:チェック


  • SMTP設定

  • SMTPサーバ:smtp.gmail.com
    SMTPポート:587
    SSL/TSLセキュアコネクションを利用する:チェック
    送信者のメールアドレス:自分のGmailアドレス
    認証の要求:チェック
    ユーザ名:自分のGmailアドレス
    パスワード:当該Gmailのパスワード


  • レシピエント

  • プライマリメール:送信したいメールアドレス(今回は上と同じGmailアドレス)



※有効のチェックは一番最初に入れる必要があります。
initial-9_notify-1.png

initial-9_notify-2.png




以上で設定は完了です。
上の、"テストメールの送信”をクリックしてメールが正しく届く事を確認してください。


ここまでで、何となく必要な初期設定が終わりました。もっと細かい設定に興味があったら試してみてください。機会・要望があればふれてみたいともいます。

次回は、データ用のHDDを認識させて使える準備をします。


関連記事へはこちらから

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Opecha-DaDa
ニッチな技術メモ的なブログになりつつありますが、だからこそあなたのお役に立てる内容があれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。